馬王堆

作者:莫相望 date:2009-09-14
1 2 3
馬王堆
1 2 3
简介:
観光スポットの特色 
 
 
観光案内 
馬王堆 湖南省長沙市は、長江の南に位置している。この地で、30年の間に、中国古代史を解明する二つの考古学上の大発見〔出土〕があり、ニュースは世界に発信され、(長沙)の名は一躍世界に知られた。昭和48年〔一九七三〕、中国の揚子江の中流あたりの洞庭湖の南の長沙にある馬王堆という古墳が発掘されました。



  1971年にある病院が工事をしていて偶然ぶつかったのが馬王堆一号墓であった。50歳ほどの女性のミイラ〔中国では(湿屍〕と表現)が発掘された。続いて2号墓、3号墓も発掘され、これら(馬王堆漢墓)の発掘は翌72年に一応完了した。三つの漢墓は、紀元前186年から同160年代にかけての前漢時代に造成されもので、湿屍は前漢初期の高官、丞相利蒼の妻で、他は利蒼(2号墓)とその(3号墓)の墓と分かった。副葬品には帛(絹の布)に書かれた書や絵、封泥、印、竹簡、、木簡、漆器、織物などがあった。