湖南の郷土料理

湖南料理(こなんきょうどりょうり)は、中国湖南省 の郷土料理である。中国の八大料理の一つである。
概要
四川料理と同様に唐辛子を多用し、中国で一番辛い料理と言われている。四川料理と異なるところは、辛味だけでなく酸味がきいているところにある。 湖南省出身の毛沢東がこよなく愛した料理として知られている。 中国での一般的呼称は「湘菜」または「湖南菜」。 強烈な味のためか湖南省の住人は激しいといわれ、「湖南人と喧嘩をしてはいけない」という冗談が存在する。
張家界のトゥチャ族の飲食は濃厚な民族の特色を持ているし、また湖南料理の精華に解け合いました。からい味は、湖南料理の特色で、張家界の郷土料理も例外ではなく、辛い味の以外、また特に薫製、酸、を特に好きがっています。野菜を塩漬けにして食べて、独特な特色を持っています。以下、いくつかご種類を説明しております。

  桑植県の塩豆腐干が清朝から全国で名を馳せて、特に有名な地方特産である。現代科学分析証明により、塩豆腐干の栄養価がミルクより高い。そして、解熱、解毒など医療効果がある。それで、塩豆腐干をよく食べる人は、皮膚がかなり滑らかで、瘡があまり出来ない。だからこそ、塩豆腐干がまた美容良品の一種である。
  土家族の塩漬土家腸詰めがとても美味く、大切なお客さんを持て成す特色料理である。この料理を一度食べると、なかなか忘れないほどである。けにした酸っぱい大根が、なかなか美味い食べ物である。
  こういう物を食べると、少し酸っぱく、塩辛い感じがする。食欲が出るため、なかなか上品食物である。そして、人によって、辛い味がある。このような味がただ味わうしかなく、言葉で言えないから。
  酢唐辛子が独特な腕前、豊富な栄養価、美味い味で、大勢のお客に好まれる。これは湖南省西北民間の作り方である。材料が湘西高寒山地で植える超辛い赤唐辛子、米粉、玉米粉を採用し、一定の比率で混合して平均に攪拌する。そして、数日間に土缶で漬ける。
  土家血餅が土家族の独特な料理の一種である。血餅がもち米のいい香りもあり、豚血の色つやもある。油で焼くとか、蒸すとか、米の香りと肉の香りが出る。それで、一度血餅を食べた人は、その血餅の香りをなかなか忘れない。
  土家腸詰めがとても美味く、大切なお客さんを持て成す特色料理である。この料理を一度食べると、なかなか忘れないほどである。