湖南省瀏陽の金柑

单击查看大图片

瀏陽の金柑県誌によって、清代雍正十一年(1733年)県の東光寺の唐石床という場所が“道を挟んで全て桔樹”と記載されている。金柑は主に大光、達滸、官渡一帯に栽培している、“金柑の故郷”と誉めます。1918年の前後、漢口、上海などの都市からの旅商人は官渡で金柑を購入して、半製品に加工してから、水路にて上海、漢口などの都市に送って金柑餅を製造してから販売します。