葛 の 粉

葛の知識について
古来より葛は高級食材や漢方の原材料として幅広く日本、中国で愛用されてきました。葛料理は離乳食や病人食としても知られ日本のスローフードの代表と言えます。漢方の「葛根湯」の主原料も葛です。葛の漢方的効果としては、水毒を体外に出す働き、胃の熱を取る働き、血行を良くする働きなどがあると言われています。
特に注目されるのは、女性ホルモンを活性化させるイソフラボンです。大豆よりも多種多量のイソフラボンが含まれ、更年期障害の改善や女性ホルモンの不足から生じる身体の不調などに効果が期待されます。
人工的なホルモン療法よりも自然の植物には行き過ぎを調整するバランス機能があるので安心してお召し上がりいただけます。
葛はマメ科の植物で、秋の七草のひとつとして日本でも古くから親しまれています。マメ科の植物は空気中の窒素を固定する微生物と共生する能力があり、やせた土地でもたくましく育つことができます。特に葛の繁殖力は旺盛で、夏場には猛烈な勢いで蔓を伸ばし(1日に数10cmとも)他の植物の生育を妨げるほどです。よこに長く張った根はたくましく掘り起こすのが大変ですし、巻きつく蔓も非常に強い繊維質で容易に切れないので、生活品?民芸品の材料として幅広く使われています
エアコンの効いた部屋で長くパソコン作業をしたり、立ち仕事で冷えた体に無理したり、大人の女性の健康管理は大変です。お風呂に入って体をゆっくり温めれば、体の中の血行が良くなり元気になってきますが、いつでもどこでもお風呂という訳にはいきません。まず食生活で体質を改善し、できるだけ体を温めるものを定期的に取り入れることをお勧めします 。
張家界では名物と言うのは葛の粉です。張家界は葛の名産地であり、現地の方々に好まれ、体に非常にいいである。高血圧、心臓病、コレステロールの抑えなどに効き目があり、一般の食品としても、美味しくて、食べやすいである。食べ方:1、お碗の中に約50グラム(一人分)の葛の粉を入れて、50グラムのお水も入れ、スプーンで掻き回して、その後、150グラムのお水を入れて、暫くお待ちしたら、ご賞味できるようになる。2、1の通りに作って頂いた葛を冷蔵庫に入れ、冷凍した後、片切りして、お肉やお好きな食品と一緒に炒めても、煮ても、最高なお食べ物が作れる。